レーザー治療できる部位

ここまで紹介したレーザーやその他のレーザーの機械を使って、どんな部分をどのように改善していくことができるのか詳しく見ていきましょう。

まずは定番のしみ・そばかす・などはQスイッチルビーレーザーを使い治療していきます。ルビーレーザーは前述したとおり正常な肌を傷つけずメラニン色素だけを治療します。それから肝班・くすみなどにはQスイッチヤグレーザーが効果的です。安全性が高く、治療後の肌も綺麗になります。他にもタトゥーの除去や下穴の開きにも効果があります。

年齢と共に気になるしわには、ヤグレーザーピーリングという機械が効果的です。これは反射作用と浸透作用があるため、肌の新陳代謝が良くなったり、肌にコラーゲンが増えてハリが出てくる効果があります。しわだけでなくたるみや赤ら顔にも効き目があります。

ダイエット効果があるのはたるみを取るサーマクールという機械です。これはたるみを取るだけではなくたるみの進行の予防もできるのでお勧めです。熱エネルギーでコラーゲンが作られフェイスラインを引き締めるので、小顔にも効果ありです。またにきびやにきび跡、毛穴の治療にも使用されます。

レーザー治療の種類は豊富です。肌のお悩みがある方は一度試してみてはいかがでしょう。

関連HP◆美容皮膚科シロノクリニック / Qスイッチルビーレーザー治療

レーザーの種類

美容皮膚科で用いられているレーザーにも様々な種類があります。まずはよく使用されているレーザーの機械からご紹介しましょう。

まずはフラクショナルレーザー。このレーザーは、皮膚を入れ替えるという治療です。照射することでダメージを受けた皮膚を新たな皮膚に入れ替えていくのです。つまり元からの皮膚を改善していくわけではないので、劇的な効果が現れるのも特徴の一つです。これはにきびの跡やしわやたるみ、毛穴ややけどの跡まであらゆる肌のトラブルに効き目があります。

それからカーボンピーリング。これは開いた毛穴の引き締めに効果のある機械です。毛穴の部分にカーボンを塗り、そこにレーザーを照射することでカーボンが反応し蒸発して毛穴を引き締めます。またコラーゲンも作られるため肌にハリが出て毛穴が目立ちにくくなる効果も。

そして炭酸ガスレーザー。これは肌から出っ張った部分を綺麗にするレーザーです。たとえばにきびやほくろなど盛り上がったところにレーザーを照射することで、熱で瞬間的に蒸発させます。ほとんど出血することもなく、切って取るのと違うので手術跡も残らず綺麗な状態なのが嬉しいですね。短時間で終わるのも魅力のうちです。

レーザーでエイジングケア

女性なら肌の悩みを少なからず一つはお持ちではないでしょうか。しみやくすみ、そばかす、しわ、たるみやあざなど気にすれば気になるところはたくさん出てくるものです。そんな肌のお悩みを解決するレーザー治療のエイジングケアをご存知ですか。

今ではレーザーを使った治療は様々なクリニックで用いられていますが、今回は美容皮膚科で使われるレーザー治療についてご紹介します。美容皮膚科で使われるレーザーは美肌治療や脱毛、ダイエットなどに使用されています。美容皮膚科は美容外科と違いメスを使用しないので、手術跡が残ることもありません。しかしただの皮膚科と違い保険診療が適応されない治療なので、少し費用は多少かかるでしょう。治療法方としては、レーザーをしみなどの患部に瞬間的に照射し、その後かさぶたになり剥がれ落ちます。レーザーの良いところは、威力が強いため一回から二回の施術でほとんどの治療が終わることです。一度の照射でおおよその効果が出ます。また患部だけに照射するので、他の正常な肌の部分にダメージも与えません。照射後は少し赤みが出ることもありますが、痛みはそれほど強く感じません。痛みが心配な方には麻酔のクリームなどを用意している美容皮膚科もあるので調べてみましょう。また施術後しばらく赤みや肌荒れが残っても大体が化粧でカバーできる程度のものです。

ここからは美容皮膚科で使用されているレーザーの種類と、レーザーで治療できる様々なものを詳しくご説明します。